ニュース一覧

NO IMAGE

【ラグビーこぼれ話】天理大、初の大学日本一の裏に極上の差し入れ

 11日に東京・国立競技場で行われたラグビーの全国大学選手権決勝は天理大が早大に55-28で快勝し、悲願の初優勝を果たした。関西勢での大学日本一は、故平尾誠二さん(享年53)を擁した同志社大が3連覇を達成した1984年度大会以来、36年ぶり。主将のFL松岡大和(4年)が優勝インタビューで大粒の涙を流しながら「めちゃくちゃうれしいです!」と声を張り上げた姿に、胸を打たれたファンも多かったはずだ。...

NO IMAGE

1年間を振り返って -佐藤瑠菜- – マネージャー日記 –

ホームページをご覧の皆様こんにちは。 本日は3年マネージャー佐藤瑠菜が担当いたします。 初めに今年度も成蹊大学ラグビーフットボール部に多大なるご支援、ご声援をいただきまして誠にありがとうございました。 この場をお借りして厚く御礼申し上げます。 この1年間を振り返りますと、成蹊大学ラグビー部は沢山の方に支えられていると実感できた年となりました。 対抗戦Aグループ昇格に向け新チームが始動しましたが、新型コロナウイルスの影響により、3月から6月まで部活動が活動禁止という事態に見舞われました。 このよう...

NO IMAGE

あなたがいま試験を受けているキャンパス – 受験生応援企画 –

ラグビー歴が僕より十倍くらい長い橋野からバトンを受け取りました、新三年の五島です。自分よりかなり大きい相手にも怯まずに鋭いタックルで仕留める彼の思い切りの良さはいつも見習いたいと思っています。しかし僕はいまだにタックルが怖くてよくびびってしまうので、彼みたいに躊躇なくタックルができるように今年は頑張ろうと思います。 さて、僕の受験の思い出を少し話そうと思います。僕が現役生だった時の東大の二次試験の話です。最後の科目は英語でした。今考えるとこれが僕の合否を決めるものとなりました。英語において苦手意識...

NO IMAGE

第12回 主務部屋 『御礼』

こんにちは。 主務の亀井です。 大学選手権の決勝戦から1週間ほどが経ちました。今の心境と皆様への感謝の言葉を述べたいと思います。 今回の主務部屋が私の書く最後の主務部屋となります。 最後までお付き合いのほど、お願い致します! まず、今シーズンは、関東大学対抗戦2位、大学選手権準優勝という結果でした。 早稲田大学ラグビー蹴球部の使命は、大学日本一になることであり、結果としてその使命を果たすことはできませんでした。 今年のチームスローガンには、「BATTLE」を掲げ、このスローガンの下、部員一人ひと...

NO IMAGE

トップリーグの感染者68人 2月開幕目指す「万全の状況で入る必要がある」

 日本ラグビー協会は20日、開幕が延期されたトップリーグ(TL)のチームで新型コロナウイルスの陽性が判明した人数が6チームで計68人に増えたことを明らかにした。14日時点では6チームで計62人だった。岩渕健輔専務理事は20日の理事会後にオンライン取材に応じ「不明だった検査結果が判明したため」としている。...

NO IMAGE

2年生の抱負

こんばんは!今回は3年生に続き、2年生の今年の抱負を紹介していきたいと思います!赤塚太貴FWリーダーとして誰よりも体を張り続ける。平田晴香上級生として、一つ一つの仕事により責任感を持って行動していきます。どんなときでも選手に寄り添えるマネージャーであるよう、常に広い視野を持って部活動に取り組んでいきたいです。栗田 颯バックスの要となっていく自覚を持って、チームに少しでも多く貢献する。小峯ひとみ責任感を持って、選手に寄り添ったマネージャーになれるよう、頑張ります。平島香恋チームのためにできることを...