京都大学ラグビー部一覧

NO IMAGE

奢り道 – 部員のリレー日記 –

 高校の後輩の平井から紹介受けました、髙嶋です。同じ高校ですが、歳は4歳差であり、しかも僕は高校の時ラグビー部ではなかったので、面識は全くありませんでした。でも、ブログの原稿を指示通り早く送ってくれるいい後輩なので、同じ高校出身の先輩として特別可愛がれたらなと思ってます。  さて、僕はラグビーに関しては大学から始めた、初心者に毛が生えたもので、人としても頼りなく、いじられキャラで、先輩らしさが全くありません。しかし、そんな僕でも、先輩らしく振る舞える瞬間があります。それは、「奢る」時です。  僕は悲しいことに趣味がありません。しかも出不精で、友達から飲みに誘われたとしても、(今はコロナでどのみち行けませんが)滅多に行きません。物欲もあまりなく、ファッションに興味も無いため、自分のためにお金を使う機会が他の人より少ないのです。でも、僕はお金が大好きです。いっぱい使いたいです。なら、どうするか、そう、後輩に奢ります。同級生にも奢ります。先輩にも奢りたいです。先輩に奢らせてくださいと言ったことあるぐらいです。さすがに断られましたが。  奢るというのは気持ちいいのです。お金を使う。これだけでも気持ちがいいのに、感謝されるのです。とても気持ちがいいです。もはや、僕は奢る為にバイトをしてるぐらいです。先程、趣味がないと言いましたが、奢ることが趣味かもしれません。お陰で、常に金欠です。でも、奢ります。奢り続けます。お金がある限り。お金がなくなればバイトします。奢る為に。際限なく奢ることができるようにバイトと貯金を頑張ります。そしてまた奢ります。奢る為にお金を稼ぎ、奢ることにお金を使う。この奢り道を突き進みます。  ですが、コロナの関係で皆とご飯に行くことがなくなったり、なんとなくタイミングを逃し続けて、最近、全然奢ることができてません。正直、奢りたいです。申し訳なく思ってる人もいるかもしれませんが、遠慮する必要はありません。僕の望みは、僕の奢りで皆が喜ぶこと、そして、その浮いたお金でいつか後輩を奢ってあげてほしい、それだけです。ですので、これを読んだ後輩は、ニヤニヤしながら「喉乾いたなぁ」などと言いに来てください。「しゃーないなぁ…」なんてことを言いながら渋々(といった体で)奢ります。こんなこと言ってしまいましたが、先程言ったように金欠なのでお手柔らかにお願いします。お手柔らかに、というのは、別にいらないのに奢られようとしないでほしいな…?っていう感じです。自分で買うぐらい本当に必要ならバンバン奢ります。後輩にお金は出させません。僕の所持金が許す限り。  次は、奢って奢ってというわりに、いざ奢ろうとすると遠慮して、なかなか奢らせてくれない、かとけーこと加藤恵多君にバトンタッチします。かとけーは今度こそ僕に奢られてください。

NO IMAGE

毎日会える友達 – 部員のリレー日記 –

でかくてポジティブなこむからバトンをもらいました、新二回生の平井です。たしかにちびっこいですが、負けん気出して頑張ります。さて、ブログの本題ですが、僕はこの一年で気づいた毎日会える友達の大切さについて書きたいと思います。入部する前のことですが、一回生のみんなにタッチフットに誘ってもらいました。初対面だったので少し緊張しましたが、そこには僕の想像していたシャレた大学生はいませんでした。まさに見た目は大人、頭脳は子供で、河川敷でボール一つさえあれば、何時間でも目をキラキラさせて遊べる。そんなメンバーでし...

NO IMAGE

好きな食べ物 – 部員のリレー日記 –

夏休み中に、バイト以外のすべきことがなく、虚無感に襲われてしまい、その反動からラグビー部に11月から入部した小向拓未です。中学一年生の頃から恩師に誘われてラグビーを続けていたので、その勢いで入部しました。 書くことが思いつかなかったので、自分の好きな食べ物について書いていこうと思います。 自分は作るのに時間がかかるような料理より、シンプルな料理、例えば寿司、肉を焼いたものなど、そんなものの方が好きな方だと思います。高級料理や珍味などを初めて食べた際には、あまり美味しいとは感じないことが多いです。なの...

NO IMAGE

高い – 部員のリレー日記 –

 堀くんから紹介受けたマネージャーの冨田です。コロナ禍で思うように会えず、みんなの記憶から存在が消えてないかなと思っていましたがちゃんとリレーが回ってきて安心しました。  さて、今日は私が常々思っていることを呟きたいと思います。私はよく実年齢よりも下に見られます。中3の時に小学生に間違われたり、一昨日も中学生に間違われました。メイクもして多少髪の毛も染めているのに中学生に間違われるとは……これでは20歳になっても年齢確認は必須のようですね。少し逸れましたが、これらの原因の一つに身長の低さがあると思います。低いといっても平均身長と5、6cm程しか変わりません。しかし世間はその5cmの大きさを思い知らせます。例えば、洋服を見に行った時、1番上の棚にあと2cmほど届かず悔しい思いをして帰ります。本屋さんでも、1番上の棚に置いてある本が微妙に届かなかったり、バイト先のスーパーで品出しをする際、1番上の棚の奥まで届かず、奮闘しているとお客さんに見られたり…まあ言い出したらキリがありません。そんな悔しい思いをする度に、あと少しなのに!そんな高くしなくても!と思うのです。日本には高齢者や体の不自由な方が生活を送りやすいようにする、バリアフリーという素晴らしい考え方がありますよね。私にとって色々なところでバリアとなっている「高さ」も無くなればいいのにといつも思います。引退された某先輩が、私が入部してラグビー部最低身長を脱出できて喜んでいた、と聞いたのを思うと部内に共感できる人は少ないようです。まだ見ぬ新入生に期待です。  次は小向くんです。私はまだ小向くんのことを「大阪に住んでいるラグビー部員」という程度しか知りませんが、「ラグビーやってるやつに悪いやつはおらん」という父の教えと、前回の堀くんのブログに習うと、漢気があってカッコよくて良い人です。

NO IMAGE

ラガーマンの根性 – 部員のリレー日記 –

こんにちは。森下から紹介を受けましたリア充の堀です。「彼女とのオサレで””フォトジェニック””な写真」といじられていましたが、僕の彼女いじりはまだまだこんなものではありません。「どーせすぐに別れる。」はまだいい方で、「セ◯◯」だの「デリ◯◯」だのもう散々です。書いていていじめられてるんじゃないかと思えてきました。しかしこれも全ては、「俺が引退するまでに堀を変態キャラに仕立て上げる」と言って引退していった佳樹さんのせいに他なりません。フィット(部車)で徐々に僕を変態キャラに仕立て上げていった佳樹さんの努力には脱帽です。とまあこんな感じに彼女いじりが激しいのですが、長く付き合って絶対に見返してやります。 前置きが長くなりましたが、今回はラグビー部員の根性がすごいと言う話をしたいと思います。僕は小中高とサッカーをやってきて大学でラグビーを始めました。初めは、練習はもちろん食生活やウエイト等々、異文化とも言えるラグビー部に困惑していたわけですが、中でも1番驚いたのは彼らの根性でした。基本毎日ウエイトしてるし、2時間以上ウエイトしてる人もいるし、練習中のかなりきついフィットネスも手を抜く人がいないし、漢気のある人たちばかりです。また彼らのかっこいいの定義はどれだけ重い重力を上げられるか、どれだけ背中が広いかなどで決まり、ウエイトにどれだけ真摯に向き合っているかがよく分かります。それに比べサッカー部員には根性なしが多く、足の裏に血豆ができたからと言って練習を休んだ奴がいたくらいです。それにサッカー部員にはナルシストがおぉ、、おっと、これは悪口ですね。やめましょう。ただまあ僕もずっとサッカーをやっていただけあってその片鱗があり、陸上部が履くようなロングスパッツをラグパンの下に履いているのは半分くらいかっこいいからです。お恥ずかしい。。少し話が逸れてしまいましたが、ラグビー部はとにかく辛い練習、特にウエイトが大好きで、根性があって漢気のある、本当にかっこいい集団だと言うことが伝われば幸いです。以上、元サッカー部から見たラグビー部員像でした。 次は、バレンタインに一回生の選手全員にハーゲンダッツのLINEギフトを送るという神対応をしてくださった、マネージャーの千華ちゃんです。

NO IMAGE

長い文章を書けない理由 – 部員のリレー日記 –

加清君から紹介を受けました森下です。遅くなってしまい申し訳ありません。1回生にブログの番が回ってきたときに香取さんから催促が来たらどう躱そうか等を考えていたのに、加清が1ヶ月ほど止めていたので髙嶋さんから催促を受けることになりました。さて、加清君の紹介にもあった通り、私はバイトの度に府を跨いで京都に来ています。和氣さんが辞める代わりとして騙されるように始めた某寿司屋でのバイトですが、優しい(?)高原さんもいるのでそれなりに楽しくやっています。濱本さんも今月から入ってこられたので同じ日のシフトに入るのが楽しみです。 ところで私のメンバー紹介の顔写真は金髪で写っていますが、撮影後黒染めをし対外試合にはきちんと黒に戻して臨みましたのでこの場を借りてOBの方々に弁明をさせていただきます。 部員がブログを書かなければならないことは入部当初から知ってはいましたがそんなに長々と書くことが見つからなかったので仕方なく、私が長い文章を書くのが苦手な理由を述べることにしました。 私が長い文章を書くのが苦手な原因はおそらくTwitterです。1つに、日常的にTwitterをやっていると身の回りで起きたことをすぐにネタとして消費してしまうのでブログに回すネタが残らないというのがあります。もう1つに、物事をできるだけ短い言葉にする癖がTwitterを通して身についてしまっているというのがあり、こちらの方がより深刻です。私は体育会系と分類される人間のなかでは(←ココ重要)比較的ツイート数が多く、高校の時もそれは同じでした。私が高校1年生の時にPokémonGoがリリースされて校内で多くの人がスマホ片手に歩き回ったことを受け、先生が「北野高校にはポケモンはいません。あなたの心の中にいます」というような掲示をしました。先生がこのような反応をするのは珍しいことでしたから、この看板はユーモアとして生徒間で好意的に捉えられました。Twitterをやる者としてはこういうイベントはツイートしたくなるもので、https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52221918/ の5番に引用されているような写真付きツイートをしました。今見返してみるとアカウント名は実名だし説明台詞は冗長だし挙句の果てには文末に「笑」なんて付けて死ぬほど恥ずかしいツイートですが当時はこれでプチバズを狙っていたのですから、Twittererとして不甲斐なし穴があったら入りたいというお気持ちです。大方の予想通り結局このツイートは数RT止まりでした。一方で硬式野球部のチームメイトでTwitterはさほどやっていなかったN君が私と同じ写真を使って150RT以上のプチバズをしていたのです。それは写真付きで「#これが北野」という6文字のとても簡潔なものでした。それなりにTwitterを使いこなしているつもりだった私にとってそれは大変なショックだったので、なぜ自分のツイートが伸びず彼のツイートが伸びたのか考えた結果、流れ行くタイムラインの中でパッと見の一目で理解できる簡潔さが大事な要素になることに気が付きました。それ以降ずっとできるだけ余分な情報を減らして短いツイートを常日頃から心掛けるようになり、これが長い文章を書くのが苦手になったことの遠因になってしまったのだと思います。 ここまで無理して長々と書いてきましたがこれ以上無理をすると加清ばりの怪文書になってしまいそうなのでここで終わります。超拙い文章にお付き合いいただきましてありがとうございました。 次は、彼女とのオサレで""フォトジェニック""な写真をインスタにあげているリア充のほりはる君です。

NO IMAGE

前方不注意。本当はちょっとよろけただけ、ぶつかっただけ。10円玉には不思議な力があるのかな。柿が木から落ちた時の話です。 – 部員のリレー日記 –

どうも1ヶ月前はサンタの帽子をかぶってバイトに励んでいた加清です。 いつのまにか1ヶ月が経っていました。時は早いですね。 今から、なにも内容がないことを書きます。無、ゼロ、zeroです。ただなにかは書かないといけないので、何かしら書いていこうと思います。 現実世界にはいろんなものがあります。紙、水、パン、米、文字、数……。ここでは、文字と数字について書きたいと思います。 まず、文字。文字と言えば日本語で言えば、あ、い、う、え、お、か、き、く、け、こ、さ、し、す、せ、、、です。そこで、「あ」と「め」の並べて書くと「あめ」になります。「た」と「こ」と「や」と「き」を並べて書くと「たこやき」になります。意味のある言葉になるんです!並べ方を変えて「めあ」にしたり、「やたきこ」にしたら、意味がわからないことばになります。なんでなのかを考えるのは他の人に任せますが、不思議でなりません。 数字の話しようと思っていましたが、気が変わったので別の話をしようと思います。今私の目の前に一枚の写真があります。その写真には、スーツを着た男の人が写っています。彼はなにかしらのお偉いさんなんでしょう。きっと。でも彼が誰なのかはさっぱりわかりません。ただ私は「お偉いさん」とGoogleで調べただけなので。でもこれだけは確かです:彼は何かのお偉いさんだということ。 いまから意味ありげなことを書いていきます。七面鳥が引く船長、4かける8は32、8かける4も32。韻マン、神官。馬耳東風と一朝一夕。おションコボンボン、だぁ。時は進むよどこまでも。何気ない日常。ピースしてるクリスプラット。パクセロイポコクロイ。そろそろ締めたいと思います。人生、波瀾万丈、ジェットコースターみたいなもん、なにが起こるかわからない。 ここまで書いてきましたが、自分でもなにを書いてるかよくわかりません。なにも分からなくてです。内容は何もないので。 次は、バのために県を跨いで京都まで来ているツイッタラーの森下くんです。

NO IMAGE

田付のイヤホン – 部員のリレー日記 –

 いつも練習終わりに「梅ちゃんシャワー浴びに行こうぜ!」と誘ってくれる、何もかもが愛おしい西山恵慈から紹介を受けた梅園です。現役の彼に顔面最年長だとかいうあだ名をつけたのも愛情の裏返しです。彼の笑顔にはしんどい練習の時いつも救われています。  さて、僕は今年一年の浪人を経てやっとこさ大学生になったのにも関わらずコロナのせいで何もできていません。飲みに行ったり、女の子と遊んだり、旅行に行ったり、クラブに行ったり、 女の子と遊んだり、合コンしたり、女の子と遊んだり。なんのために大学生になったのかわかり ...

NO IMAGE

図書館大好き – 部員のリレー日記 –

 こんにちは。田付の紹介の言葉の通り、大真面目男の西山です。  今年一年間はコロナウイルス感染の拡大によって対面授業がほぼなくなり、授業のために大学に行く機会はかなり少なくなってしまいました。しかし僕は図書館が大好きなので、平日は大学の図書館に通って一人の時間を過ごしています。読書をしたり、大学のwi-fiでyoutubeを観たりして過ごすのはかなり充実しているひと時です。中でも僕がおすすめする大学図書館での時間の過ごし方は、映画です。ネットフリックスやアマゾンプライムを使うわけではなく、図書館に...

NO IMAGE

登校 – 部員のリレー日記 –

こんにちは。村上の紹介の言葉の通り、アンラッキー男の田付です。アンラッキーなことがありすぎて、もう慣れました。怪我はするし、家の鍵は無くすし、新しく買った9万のiPadは折れました。まだまだあります、でもキリがないので言いません。慣れたと言ってもこんなことばかりだと疲れちゃうので、村上に薦められたラッキー探しを僕もしてみようと思います。 良いことって不意に起こりますよね。不意だからこそ嬉しいのかもしれません。 高3の冬のある1日について話します。 高3の冬というと、京大を目指す学生にとっては、受...