決勝逃した東福岡、粘り強く新たなカルチャー生んだ

4大会ぶりの優勝を目指した東福岡(福岡第1)が3点差で決勝進出を逃した。8大会連続の準決勝で京都成章に21-24で屈した。 2日前の準々決勝は東海大大阪仰星(大阪第1)と21-21で引き分け、抽選の末に4強。ロスタイム18分の死闘を戦っ…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする