桐蔭学園V2だ「東高西低」定着へ伝統継続ラグビー

高校ラグビー界の常識を変える。2連覇を目指す桐蔭学園の藤原秀之監督やNO8佐藤健次主将(3年)が決勝の京都成章戦前日の8日、会見を開き、意気込みを語った。 前回大会で初の単独優勝を飾った東の横綱は「西高東低」と言われてきた高校ラグビー界…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする