天理大初V“無名の男”の努力結実…日本一の主将に

“無名の男”が日本一の主将になった。初優勝を飾った天理大フランカーの松岡大和主将(4年)は部員168人をまとめ上げ、関西勢36大会ぶりの頂点に押し上げた。 準決勝2日前の大みそか。小松節夫監督(57)は松岡をこう評した。 「『天理で勝ち…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする