TL全選手、アプリで私生活管理 2・20開幕へ“強権発動”

 日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事(45)とトップリーグ(TL)の太田治チェアマン(55)が23日、新型コロナウイルスの影響で開幕が2月20日に延期となったTLについてオンラインで記者会見を開催。今後の感染対策について言及し、選手の体調や行動履歴を管理するアプリを導入する方針を示した。プライベートにまで踏み込んだ徹底管理で、リーグ成立を目指す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする